レモンクッキー

マクロビオティックスィーツです。
無農薬のオーガニックのレモンを手に入れてください。

材料:

★DRY
全粒粉 1カップ,薄力粉 1/4カップ,塩 少々,


★WET
なたね油 大さじ2,白練りごま 大さじ1,レモン汁 大さじ1,
レモンの皮のすり下ろし 小さじ1,メープルシロップ 大さじ4,
りんごジュース 大さじ2


★作り方
オーブンは170℃に温める。

1.ボウルにAの材料をあわせていれ、泡立て器でよくまぜる。
 
2.別のボウルにBの材料をあわせ、均一になるまで混ぜる。

3.1に2をいれ、粉っぽさが無くなるまでゴムべらで混ぜる。
 
4.準備した天板に、3をスプーンでひとさじ分すくって落としながら並べ、好みで小 さく切ったレモンを飾る。

5.170℃のオーブンで20分ほど焼く。
posted by blos at 11:31 | マクロビオティック レシピ

豆腐のチーズケーキ

マクロビオティックスィーツレシピです。
隠し味の白味噌でチーズの風味をだします。

材料:

★タルト生地
アーモンド(乾燥焼きしたもの) 100g,かぼちゃの種 50g,全粒粉 90g,
塩 小さじ1/4,なたね油 1/4カップ,メープルシロップ 1/4カップ


★フィリング
木綿豆腐 450g,メープルシロップ 1/3カップ,レモン汁 大さじ2,
レモンの皮のすり下ろし,1個分,無漂白薄力粉 大さじ4,白味噌 小さじ1
なたね油 大さじ11/2,バニラエッセンス 大さじ1/2


★作り方
オーブンは180℃に温める。

1.タルト生地を作る。アーモンドとかぼちゃの種はフードプロセッサにいれ、
 細かい粒子状にする。

2.1をボウルにうつし、薄力粉と塩を加えてよく混ぜ合わせ、さらになたね油とメープルシロップを注いでざっとかき混ぜ手で1つにまとめる。

3.型の内側にオーブンペーパーを敷き、2のタルト生地をそこに敷き詰め、
 数か所穴を開け、180℃のオーブンで10分ほど焼く。

4.フィリングを作る。豆腐は70gくらいの水をきる。

5.4とフィリングの材料をすべてボウルに入れ、
 泡だて器でなめらかになるまでよくまぜる。

6.3の型に5の生地を注いで表面を平らにし、
 170℃のオーブンで40分ほど焼く。

 冷蔵庫で冷やしてから切り分ける。
posted by blos at 15:09 | マクロビオティック レシピ

全粒粉のパンケーキ

マクロビオティックスィーツレシピです。
梅酢と豆乳、菜種油を組み合わせると、リッチな風味になります。

材料:全粒粉 100g,地粉 50g,ベーキングパウダー 小さじ1,塩 ひとつまみ
   豆乳 300cc,なたね油 大さじ1/2,梅酢 小さじ1/2

1.豆乳、なたね油、梅酢をよく混ぜておく。
2.ボウルに全粒粉、地粉、ベーキングパウダー、塩をふるい入れる。
 これに1をいれてよく混ぜる。
3.フライパンを熱し、なたね油を薄く引き(分量外)タネを流し入れる。
 中火にして表面がぶつぶつしてきたら裏返す。
4.きつね色になったら取り出す。

好みでメープルシロップなどをかける。


地粉をはったい粉やココア、キャロブパウダーなどに変えると
いろいろなバリエーションが楽しめる。
posted by blos at 22:08 | マクロビオティック レシピ

豆腐ソース

マクロビオティックレシピです。
ブルーチーズのような風味になります。
パスタにからめると美味しいです。

材料:よく水切りした木綿豆腐 半丁、炒ったかぼちゃの種 大さじ1強、
   豆乳 大さじ1強、梅酢 大さじ1強、白みそ小さじ1/2、塩ひとつまみ

材料をすべてミキサーかフードプロセッサーにかけます。
posted by blos at 22:01 | マクロビオティック レシピ

第2大根湯

マクロビオティックの手当て法の1つです。
むくみに効きます。

材料:大根おろし(皮ごとすりおろす)大さじ1、
   自然塩 2%
   お湯 大さじ2

 <作り方>
 1.大根おろしのおろし汁を大さじ1つくり、そこにお湯を混ぜます。
 2.それを1度さっと煮立てて、そこに塩を2%加えます。
 3.熱いうちに飲みます。

量が少ないと作りにくいですが…第1大根湯とともに作ると良いかも。
posted by blos at 17:19 | マクロビオティック レシピ

小豆あん

マクロビオティックで常食する小豆のレシピです。
Non Sugerの小豆あんです。
昔の人は干し柿などを入れて甘みを調整していたそうです。

材料:小豆 1カップ、水 2カップ、昆布 3cm角、米飴 大さじ5、塩 ひとつまみ

1.小豆は洗ってから、昆布とともに1時間くらい分量の水につけておく。
2.昆布と1の小豆をつけ水ごと圧力鍋に入れ、強火にかけ、圧がかかったら火を弱めて30分煮る。
3.圧力鍋を火から下ろし、鍋底から水をあてて圧を抜く(急冷する)。
4.蓋を開け、昆布をとりだし、米飴、塩を加え、弱火にかけて水分がなくなるまでことこと煮る。
5.バットなどに移して、乾燥しないように冷ます。
※冷めると固くなるので、ある程度水分は残しておいた方が良い。
posted by blos at 11:22 | マクロビオティック レシピ

第一大根湯

マクロビオティックの手当て法の1つ。
風邪・発熱や陽性のものを食べ過ぎたときに効きます。

材料:大根おろし(皮ごとすりおろす)大さじ山盛り3、
   しょうが(皮をむいてすりおろす)小さじ1強(大根おろしの1割くらい)
   醤油 大さじ1弱
   三年番茶 熱々のもの 2カップ

大根おろしとしょうがおろしと醤油を混ぜ、三年番茶を注ぎます。

とても強い効果があるので、
呼吸器の弱い人、肋膜、結核などの病人には飲ませないでください。
虚弱体質や心臓の弱い人にも飲ませないでください。

健康な人でも1日に3回以上は飲まないでください。
posted by blos at 17:15 | マクロビオティック レシピ

ブラウンライスプディングブレッド

マクロビオティックスィーツです。 No Sugar, No Milk, No Butter, No Eggのブラウンライスプディングに粉を加えてパンにしたものです。  材料(8×18×8cmのパウンドケーキ型1台分): プディング生地 3カップ、全粒薄力粉 1カップ、長芋のすりおろし 1/2カップ デコレーション用:くるみ 1/4カップ 
  1. プディング生地と長芋のすり下ろしを混ぜあわせる。 
  2. 1に粉をさっくりと混ぜ合わせてケーキ型に流し、くるみを飾って175℃のオーブンで40-50分焼く。
  3. 豆腐クリームやジャムなどを添えていただく。
posted by blos at 23:11 | マクロビオティック レシピ

ブラウンライスプディング

マクロビオティックスィーツの1つです。 No Sugar, No Milk, No Butter, No Eggのライスプディングです。 ティラミス風です。 材料(直径8cmのスフレ型6個分:5カップ分できます): プディング:玄米ごはん 2カップ、くるみ(刻んで)1/2カップ 、       レーズン 1/4カップ、自然塩 小さじ1/4(陰に偏りすぎないようにします。)     シナモンパウダー 大さじ1、豆乳 1カップ、       林檎ジュース 1カップ、玄米水あめ 1/4カップ、       白ゴマペースト 1/4カップ、天然バニラエッセンス 大さじ2 豆腐クリーム:木綿豆腐 1と2/3丁(500g)、メープルシロップ 1/2カップ、        自然塩 ひとつまみ、豆乳 大さじ1、天然バニラエッセンス 大さじ1/2 デコレーション用:シナモンパウダー、メープルシュガー 各適宜
  1. くるみを150℃のオーブンで5分間ローストするか、茹でる。 
  2. プディングの材料を厚手の鍋に入れる。 
  3. 中火でことこと煮る。粘りが出るまで、木べらで休まずかき混ぜる。
  4. 火から下ろし、さます。
  5. 豆腐クリームを作る。豆腐は30分間水切りし、すべての材料をフードプロセッサーにかけ(なければすり鉢でする)、つややかなクリーム状にする。
  6. 4をスフレ型の2/3までいれ、5の豆腐クリームを上に流す。
  7. 仕上げにシナモンパウダーとメープルシュガーを茶こしで振りかける。
posted by blos at 23:09 | マクロビオティック レシピ

切り干し大根スープ

マクロビオティックの基本レシピです。 ニキビや吹き出物に効く!糖分と脂肪を溶かしてくれるスープです。 材料:玉ねぎ 1/2個、切り干し大根 20g、みそ 大さじ1/2    ごま油
  1. 切り干し大根はさっと洗っておく。玉ねぎは縦に薄切りにする。
  2. 鍋に油を熱し、玉ねぎをよく炒めてしんなりしたら切り干し大根を入れ、さらに炒める。
  3. 水2カップをいれて15〜20分弱火で煮込み、みそで味を調える。
posted by blos at 22:10 | マクロビオティック レシピ

塩ゆで小豆

マクロビオティックの基本レシピです。 むくみに効く!腎臓にやさしい一品です。 特に女性はこまめに作って食べるとよいです。 材料:小豆 1/2カップ 自然塩 小さじ1 昆布 3cm四方 1.小豆はさっと洗い、3倍の水と昆布を入れて火にかける。 2.豆がおどる程度の火加減で、途中表面が乾くようだったら何回か差し水をする。  ※アクはとらないこと! 3.小豆が指でつぶれるくらい柔らかくなったら塩を入れてさらに5〜10分煮込む。
posted by blos at 22:09 | マクロビオティック レシピ

甘い野菜のスープ

マクロビオティックでは基本のレシピ。

低血糖症に効く!すい臓にやさしいスープです。

低血糖症の改善には朝一番の空腹時か、
午後3-6時の間2週間続けて飲んでください。
(一日一回でいいです。)

材料:玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじん 各みじん切りで1/2カップ
   水 4カップ(野菜の総量の2倍なので、数量は適宜変更してください)

1.玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、にんじんの順に重ねて鍋に入れ(にんじんが一番上)
水を鍋肌から静かにそそぎ入れます。(できるだけ層をくずさないように)

2.蓋をして強火にかける。

3.沸騰したらふたをとって弱火で30-40分煮ます。
※アクはとらず、かき混ぜないこと。熱の対流で混ざってしまうのはOK!

4.ざるで野菜を濾し取って飲んでください。
posted by blos at 06:45 | マクロビオティック レシピ

玄米の炊き方 (厚手の鍋 編)

マクロビオティックの基本は玄米玄米は炊飯器・圧力鍋・土鍋・厚手の鍋で炊けます。 厚手の鍋の場合は以下のように炊きます。
  1. 玄米は1時間以上水につけておくか、時間が無い場合は水を多めにします。
  2. 洗った玄米を鍋に入れ、水(玄米の量の1.5-2倍)、自然塩か昆布を加えます。
  3. ※自然塩は必ず加えます。ミネラルを補うためです。
  4. 鍋のふたをし、はじめは強火で、沸騰したら弱火で40分-1時間ぐらい炊きます。
  5. ※ふたが動くようだったら重しをすると良いです。
  6. 最後に、30秒ほど強火にかけてから、火からおろします。
  7. 10-15分ほど蒸らしたら、天地返しをします。
    ※飯台やおひつがあれば、そこに炊きあがったご飯を移すと余分な水分が吸収されてなお美味しくいただけます。
posted by blos at 19:05 | マクロビオティック レシピ

玄米の炊き方 (炊飯器 編)

マクロビオティックの基本は玄米玄米は炊飯器・圧力鍋・土鍋・厚手の鍋で炊けます。 炊飯器の場合は以下のように炊きます。
  1. 洗った玄米を炊飯器に入れ、水(玄米モードがある場合はその表示に従い、玄米モードがないなら1.5-2倍)自然塩か昆布を加えます。
  2. ※自然塩は必ず加えます。ミネラルを補うためです。
  3. スイッチをいれます。 
  4. 炊きあがりを確認し、少ししんが残っているようならもう一度少しの水を足してスイッチをいれれば柔らかくなります。 
  5. 10-15分ほど蒸らしたら、天地返しをします。
    ※飯台やおひつがあれば、そこに炊きあがったご飯を移すと余分な水分が吸収されてなお美味しくいただけます。
posted by blos at 19:04 | マクロビオティック レシピ

玄米の炊き方 (圧力鍋 編)

マクロビオティックの基本は玄米玄米は炊飯器・圧力鍋・土鍋・厚手の鍋でたけます。 圧力鍋の場合は以下のように炊きます。
  1. 洗った玄米を圧力鍋に入れ、水(玄米の量の1.2倍)、自然塩か昆布を加えます。
  2. ※自然塩は必ず加えます。ミネラルを補うためです。
  3. 圧力鍋のふたをします。
  4. はじめは極弱火で、10-15分ほどしたら少しずつ火を強めていきます。
    ※20分ほどで沸騰するくらいをめやすにしてください。
  5. 沸騰したら、1分程度は強火のままで、その後火を弱め、25-30分炊きます。
  6. 最後に、30秒ほど強火にかけてから、火からおろします。
  7. 10-15分ほど蒸らしたら、天地返しをします。
    ※飯台やおひつがあれば、そこに炊きあがったご飯を移すと余分な水分が吸収されてなお美味しくいただけます。
posted by blos at 19:02 | マクロビオティック レシピ

玄米の洗い方

マクロビオティックの基本は玄米。 玄米はとがずに洗うだけで炊けます。 そのため、この下準備ともいえる洗い方が美味しい玄米への第一歩です。
  1. 石やくず米が入っている場合があるので、バットなどに玄米をあけて、取り除きます。
  2. 玄米をボウルに入れ、そこに水を入れ、さっと手で混ぜてすぐに水を流します。はじめの1-2回は、これを繰り返します。
    ※この時、米は水を吸い始めます。水はできるだけ浄水を利用してください。
  3. 再度玄米を入れたボウルに水をはり、両手の手のひらでこすり合わせるようにして洗い 、水を替えます。水のにごりが無くなるまで、これを繰り返します。(だいたい2-3回です。)
    ※この手のひらをこすり合わせて洗う方法を、拝み洗いと呼びます。ここで玄米の表面にキズをつけることで玄米が水を吸いやすくなります。
  4. にごりが無くなったら、玄米をザルに移します。また、ザルより大きいボウルに水をはり、ザルをその中で数回左右に動かします。
    ※この振り洗いで、最後に米粒の間にあるクズを取り除きます。
  5. きれいになったら、ザルをあげて水をきります。
  6. ※時間があるときは1晩水につけたり、発芽させるとさらに玄米の力がアップします。
posted by blos at 18:56 | マクロビオティック レシピ

玄米の炊き方 (土鍋 編)

マクロビオティックの基本は玄米玄米は炊飯器・圧力鍋・土鍋・厚手の鍋でたけます。 土鍋の場合は以下のように炊きます。
  1. 玄米は1時間以上水につけておきます。
  2. 洗った玄米を土鍋に入れ、水(玄米の量の1.5-1.7倍)、自然塩か昆布を加えます。
  3. ※自然塩は必ず加えます。ミネラルを補うためです。
  4. はじめは極弱火で、10-15分ほどしたら少しずつ火を強めていきます。
    ※20分ほどで沸騰するくらいをめやすにしてください。
  5. 沸騰したら、少し火を強めて鍋の中に対流を作ってから弱火にし、ふたの穴に栓をして、40-50分炊きます。
  6. ※火加減が強いと焦げやすいので注意してください。 
  7. 最後に、30秒ほど強火にかけてから、火からおろします。
  8. 10-15分ほど蒸らしたら、天地返しをします。
    ※飯台やおひつがあれば、そこに炊きあがったご飯を移すと余分な水分が吸収されてなお美味しくいただけます。
posted by blos at 18:49 | マクロビオティック レシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。