マクロビオティックの派閥?!

マクロビオティックをやっていると
陰陽の考え方などで時々逆のことを言われることがあります。

現在のところ、マクロビオティックを実践する方法として「クシ式とオーサワ式」があります。
別に派閥という訳ではなく、解釈の仕方に違いがあるだけです。

マクロビオティックは法則なので普遍です。

現在のマクロビオティックの実践方法の入り口として
2つ用意されているという感覚でとらえていただければよいと思います。

実践するうちにご自身のマクロビオティックが確立されてくるはずです。


大まかな違いとしては以下のようになっています。
一般的にオーサワ式の方は陽性を好むといわれています。

          ■オーサワ式          ■クシ式
塩の使用量     多い              少ない
油の使用量     多い              少ない
陰陽        左が陰             右が陰
揚げ物       多い              少ない
酸味       ほとんど避ける          少量必要
主食の割合    多いほど良い       50%(重さで)を基準とする
                      その他の食材も基準となる割合がある

ガン          陰性        陰性ガンと陽性ガンに
                      分けている

調理法     長時間火を通す      常用すべきと時折の調理法とを明確に区別
        ものが多い        長時間と短時間調理、一日で両方とるよう心がける。
posted by blos at 16:49 | マクロビオティックとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。