玄米の洗い方

マクロビオティックの基本は玄米。 玄米はとがずに洗うだけで炊けます。 そのため、この下準備ともいえる洗い方が美味しい玄米への第一歩です。
  1. 石やくず米が入っている場合があるので、バットなどに玄米をあけて、取り除きます。
  2. 玄米をボウルに入れ、そこに水を入れ、さっと手で混ぜてすぐに水を流します。はじめの1-2回は、これを繰り返します。
    ※この時、米は水を吸い始めます。水はできるだけ浄水を利用してください。
  3. 再度玄米を入れたボウルに水をはり、両手の手のひらでこすり合わせるようにして洗い 、水を替えます。水のにごりが無くなるまで、これを繰り返します。(だいたい2-3回です。)
    ※この手のひらをこすり合わせて洗う方法を、拝み洗いと呼びます。ここで玄米の表面にキズをつけることで玄米が水を吸いやすくなります。
  4. にごりが無くなったら、玄米をザルに移します。また、ザルより大きいボウルに水をはり、ザルをその中で数回左右に動かします。
    ※この振り洗いで、最後に米粒の間にあるクズを取り除きます。
  5. きれいになったら、ザルをあげて水をきります。
  6. ※時間があるときは1晩水につけたり、発芽させるとさらに玄米の力がアップします。
posted by blos at 18:56 | マクロビオティック レシピ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。