桜沢 如一 氏(ジョージ・オーサワ:マクロビオティック創始者)

マクロビオティックの祖。 1893年、京都市生まれ。京都市立第一商業高校卒業。 1937年に社団法人「食養会」の監事、38-40年には会長を務め、57年、日本CI協会を設立。 66年に73歳で亡くなるまで、食養と世界平和のための運動に身を捧げた。 日本に古くから伝わる食養生と、 東洋思想のベースとなる「易」の原理を組み合わせて、 「玄米(穀物)菜食」という自然に則した食事法を確立し、世界に広めた。 海外では「ジョージ・オーサワ」の名で知られている。
posted by blos at 18:32 | マクロビオティックな方々
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。