マクロビオティックの語源

日本語ではマクロビオティックあるいは略してマクロビ、マクロビアンなどと言ったりしますが、マクロビオティックの語源は古代のギリシャ語で、ギリシャの医聖ヒポクラテスが、人間の生命に絶対の信頼をおき長寿を意味するマクロビオスに注目したことからだそうです。

「マクロ=大きな、広い」「ビオ(バイオ)=生命」「ティック=術、学」の3つの言葉からなり、古代ギリシャ語を語源として「長く健康的に生きるための方法」を意味します。
他の言語では以下のように記載します。

フランス語:マクロビオティック Macrobiotique
英語:マクロバイオティックMacrobiotic

また、一部分だけで判断せず、全体を見て判断すると言う意味もあり、
「大きな視野(広い)で生命(世界)を見ること」とも解釈できます。
posted by blos at 23:22 | マクロビオティックとは
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。